2009年09月27日

瞬きしないと曇るメガネ!?

winkglasses.jpg

←『Wink Glasses』本体1万5750円(フレームは別価)

 
 メガネ生産日本一の福井県の老舗メーカーである増永眼鏡があることをしないと曇るメガネを発売した…………
……
winkglasses2.jpg
←センサー付きの液晶シート本体。

(J-CASTモノウォッチ)よると、発売になったのはWink Glassesというブランドのメガネセンサー本体。正確にはセンサー付きの透明液晶シートで、対応するメガネフレームにマグネットで取り付けて使用する。
 5秒間瞬きがないと、センサーが感知してシートを曇らせるという動きをする。瞬きがないとドライアイになるということから開発されたとか。電源はボタン電池とUSBバスパワーからも可能。重量は7.2gと軽い。価格は本体・1万5750円、対応フレーム「MA3210+」2万5200円。


【ちょっと高額なのが玉にきずだが、一日中PCに向かって仕事をする方とか、目を酷使する方にとってはいいアイテムかもしれない。電流が流れると曇るというのは窓ガラスなどですでに開発されていた技術。これを薄いプラスチックシートに応用し、センサーと組み合わせたというのがなかなか秀逸♪ 逆に眠気防止のメガネなんかもできそうな気がする……】


posted by 御茶ノ水博士 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。