2006年05月05日

「塩加減の効いた野菜」はいかが!?

 佐賀大農学部では、塩味のする野菜を改良開発したとか……




(ヤフーニュース・共同通信)によると、同学部の野瀬昭博教授(熱帯作物改良学)は、南アフリカ原産のザクロソウ科の植物アイスプラントを改良した「クリスタルリーフ」を開発した。根から塩分を積極的に吸収し茎や葉の塩分を含んでいる葉が肉厚なところが特徴だ。
 アイスプラントはフランス料理では高級食材として使われてるとか。
 新しい特産野菜として栽培されるほか、吸塩性を生かして干拓地での塩害対策にも役立てようと研究が進められている。



【へぇ〜!? 変な植物! でも、ちょっと食べてみたいかも♪……】


posted by 御茶ノ水博士 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。