2006年05月17日

「人類はアミノ酸から」を裏付け!?

 横浜国立大の研究で星の元となる素材からアミノ酸の元の生成に成功したとか……



(毎日新聞)によると、アミノ酸の生成に成功したのは、同大小林憲正教授(分析化学)らのグループ。
 宇宙で星が形成される場所となる暗黒星雲を構成するメタノール、アンモニア、水の混合物を液体窒素で氷点下約200度(暗黒星雲は約260度と極低温環境のため)に凍らせた。
 この氷状物質放射線医学総合研究所高エネルギーの放射線を照射したところ数時間で有機物ができた。この有機物の分子は通常のアミノ酸の約20倍の重さがあり、水に溶かすと数種類のアミノ酸ができた。この有機物は熱や放射線に強いということも分かった。
 原始大気はアミノ酸が生じにくい環境だったとする研究も多いが、この研究では、従来からいわれていた宇宙空間で生成された有機物がいん石やすい星に取り込まれ地球に運ばれ、海で進化して生命が誕生したという説を裏付けるものとなったとか。


【なるほど。研究者としては、こんな研究一度はやってみたいことだったに違いない。生物の誕生はまだまだ謎が多いらしいけど、この研究は世界的に注目される研究かもしれない♪】


posted by 御茶ノ水博士 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。