2006年05月30日

「アトピーのかゆみを軽減する下着」開発

 ダイワボウノイアトピーのかゆみを軽減してくれる下着を開発したとか……




(読売新聞)によると、同社は、アトピー性皮膚炎のかゆみを鎮静化する繊維を開発した。
 元になったのは、信州大学などの研究成果で、かゆみを増長させるたんぱく質を壊す有機化合物「鉄フタロシアニン」で繊維を染色した。この繊維は、付着したダニアレルゲンやハウスダストなどを分解することが確かめられたという。
 アトピー患者100人の臨床試験の結果は約8割の人に効果があったとか。開発費総額は2億3500万円かかっている。
 現在、医療器具としての製造承認を申請中。



【記事ではいつ発売になるのかは書かれていないが、たぶん医療器具として認証が受けられた時点で発売になるのでは!? アトピーが苦しむ人にとっては一日でも早く欲しい下着では!? といいつつ、なんか最近背中がかゆくて孫の手が手放せなくなっている(笑)ので一度試したいものだ!】


posted by 御茶ノ水博士 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。