2007年10月06日

「世界最古の電子楽器」を手に入れる!?

otonak.jpg

『大人の科学マガジン』2300円。





 学研の科学雑誌である大人の科学マガジンでは、世界最古といわれる電子楽器を付録に付けた……
……
……
 テルミンというのは、1919年にソ連の発明家レフ・セルゲーエヴィッチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器。楽器に触れずにかざした手で音程を変えて演奏する楽器。
 大人の科学マガジンVol.17では、このテルミンの原理などが分かる小型のテルミンが付録が付いている。20分程度で自作して稼働させることができ、改造(本誌にその方法が明記されている)によってアンプを通して音を増幅させることもできる。
 この本の価格は2300円。


【電子楽器が語られるときにかならず出てくるテルミンで、ちょっと科学好きなら気になる楽器だ。それが雑誌の付録についてくるとは!ちょっとお得な感じ(笑。 しかし、こんな雑誌があったとは知らなかった。子供のころ『子供の科学』の愛読者であったが(笑、なんか懐かしい。すでに学研のサイトでは完売になっているよう。入手でき試した方はぜひコメントを。m(__)m】


posted by 御茶ノ水博士 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ボツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。