2008年04月09日

「妖精エビと不思議アリ」を育てる!?

080409.jpg

『アンツキャピタル・ライト』(左)2604円、『フェアリーシュリンプ・ライト』(右)2709円。

 イー・レヴォリューションは、インテリアにもなる(!?)生き物飼育観察キットを4月25日に発売する……
……
……
(J-CASTモノウォッチング)によると、発売になるのはアンツキャピタル・ライトフェアリーシュリンプ・ライトで、アリとエビの一種で、アリには、専用ケースとライトベース、アリの巣穴となる特殊なジェル素材「アンツジェルの素」がセットになっている。「アンツジェルの素」と水を合わせて電子レンジに入れるだけで、アリの巣穴となる半透明ジェルができる。ジェルには栄養成分が含まれているので、このまま飼育できる。
 妖精エビには、1日置いた水の中に卵を入れると3〜7日で孵化し、約1ヶ月で1〜2センチほどの大きさに成長するというもの。
 どちらもライトベースのスイッチを入れれば、ジェルや水がLEDライトに照らされる。
 価格はアンツキャピタルが2604円、妖精エビは2709円。



【これって昔からある「シーモンキー」の亜流系ではあって、時々こんな風にリニューアルして発売になるような気がする(笑。今回は観察のほかにインテリアにもなるのがミソ。ところで、これって最後まで見た記憶がないのだが、やっぱり死んでしまうんだろうねぇ〜!? それがちょっと可哀想なのでじつは買ったことがない!】


posted by 御茶ノ水博士 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。